AEDリンケージ

お客様の日常点検をサポートします

AED Linkageは、AED本体から自動送信されるデータをWebで管理し、状態を集中管理するリモート監視システムです。 従来は、点検の担当者のみがAEDの管理をするものでしたが、Webを通じてメーカー、販売店等、複数で管理することを可能にし、お客様の日常点検の手間をより軽減致します。

点検のご担当者様は、AED Linkageをご使用する事で、本体の状況、パッドの期限、バッテリーの残量を一目で、Web上で確認することが出来るようになります。 そして、AED本体の状態、電極パッドの使用期限、バッテリーの残量、廃棄期限に異常がある場合や、消耗品の有効期限が切れそうな場合には、お客様がAED Linkageに、ご登録いただいた際のメールアドレスにその旨をお届け致します。 AED設置後のアフターフォローの一環として、AED Linkageを通じて、お客様にお応え致します。

日常点検の必要性

AEDの日常点検は、毎日のセルフテストの確認と、電極パッド・バッテリーの期限管理の確認の2つです。 厚生労働省は、AEDの適切な管理を徹底するために、AEDの設置者に対して日常点検の実施を呼び掛けています。

こうした背景には、AEDの設置台数は増加しているにもかかわらず、日常点検がしっかりなされておらず、緊急時にAEDが使えなかったという事例が増えつ つあるためです。

AEDは、救急処置の為の医療機器であるため、いつでも使用できる状態であるようにセットしておかなければなりません。 いざという時にAEDが使えるようにするためにも、日々の日常点検はとても重要です。AED Linkageは、お客様の日常点検のサポートをさせていただきます。

注意事項

AED Linkageは、あくまでお客様の日常管理をサポートするシステムです。
本体のステータスインジケータを確認し、日常点検タグを取り付け、消耗品の適切な交換を心がけ、いつでもAEDをご使用できるようにお願い致します。
※1AED Linkageは日本光電がAEDをご購入いただいたお客様に貸与させていただく遠隔監視を行う通信端末です。救助には使用しません。
※2AED Linkageをご使用の際には、常にAEDの近くにおいて下さい。設置位置や電波状況によりAEDの情報を受信できない場合もございます。