AED-2150

カルジオライフAED-2150

日本光電が開発した国内開発・製造のAED-2150です。 イラストによる操作方法をメッセージと共に表示、操作方法が分かりやすい点が一番の特徴です。 AEDは一般市民(医師免許を持たない方)でも使える仕組みになっているものの、AEDの操作に慣れていない、不安があると言った方は多いと思います。 初めてAEDに触れる方や音声ガイダンスが聞こえにくい状況でも救命ができるようにこのAED-2150はサポートします 2相性波形タイプの自動体外式除細動器(AED)となります。

簡単操作

 

  • (1)フタを開けた瞬間から、自動で電源がONになります。 (2)胸に電極パッドを貼り付けます。 (3)ボタンを押して電気ショック の3段階による簡単操作で、迅速かつ確実な操作が可能です。
  • 電極パッドの貼り付け、除細動の要否、心肺蘇生などの救命の一連の操作を音声ガイダンス、液晶画面に表示されるイラストとメッセージで分かりやすく指示します。
  • フタを開けて電源がONになった瞬間から始まる1分に100回鳴る動作音に合わせることで、すぐに胸骨圧迫を始めることができます。
  • 電極パッドは本体に接続した状態で保管されるので、緊急時において電極パッド接続のための時間を無くし、確実な貼り付けができます。
  • 電極パッドを貼り付けると自動で心電図の解析を開始し、電気ショックが必要な場合にだけ充電します。
  • 電気ショックが不必要な心電図波形に変化した場合には、自動で充電がキャンセルされます。
  • ショックボタンを押すのみの簡単操作です。
  • 成人と小児のモードをスイッチ1つで簡単に切り替えることができ、幅広い年齢に対応することができます。

充実したセルフテスト内容

  • 毎日1回セルフテストを自動で必ず行います。
  • セルフテストは本体と消耗品(電極パッドとバッテリ)を含めて総合的に行います。
  • セルフテストの結果は、インジケータ(緑が正常・赤が異常)で表示されるので、フタを開ける手間なく、機器の状態を一目で確認できます。
  • セルフテストで異常を確認した場合には、アラーム音で周知します。
  • 診断パネルと、液晶画面に映し出されるイラストとメッセージによって、バッテリの残りや異常のある部位を確認できます。

定期交換部品(消耗品)

 

  • 電極パッドは1度使用したら、捨てる使い捨てタイプとなります。 未使用の場合でも、工場から出荷されてから概ね2年が使用期限となります。
  • 電極パッドの使用期限は、フタを開ける必要がなく、確認できます。 毎日のセルフテストを通じて使用期限を確認し、使用期限が来た場合には、アラーム音で周知します。
  • バッテリパックNKPB-14301は70回相当の電気ショックまたは約2時間の動作が可能で、待機寿命が約2年、バッテリパックNKPB-28271は140回相当の電気ショックまたは約4時間の動作が可能で、待機寿命が約4年間となっております。(※1) ※1 バッテリが新品で、保管温度が20℃のとき

メモリー機能

  • 使用した際には、救助の際に収集したデータ(心電図の波形やイベント情報)を最大3件90分(1件あたり最大30分)保存します。
  • 毎日のセルフテストの結果を31件、毎月のセルフテストの結果を12件、その他のセルフテストの結果を50件保存できます。

Bluetooth通信機能

  • 内部メモリに保存された救助データは、パソコンに取り込み管理ができます。(※2)

    ※2. AEDレポート表示・設定ソフトウェア(オプション)をインストールが必要です。

  • 毎日のセルフテスト結果を自動で取り込み、保存、管理ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です