小児・成人モード切り替え

小児等への適用 対象者(傷病者)が小さいお子様の場合

0歳からおよそ6歳までは小児という扱いになります。6歳以上は成人となります。
小さいお子様には通常の電気ショックではパワーが強すぎるため、小児用モードでの電気ショックが推奨されています。
※未就学児に対する成人用パッドの使用については、有効性・安全性が確認されていないことから、小児用パッドを
備えた自動体外式除細動器が近くにないなど、やむを得ない場合に限り使用すること。
対象者(傷病者)が小0歳~およそ6歳未満であった場合には、小児用モードに切り替えましょう。

小児用・成人用の切り替え方法

モードの切り替えは、AED本体(AED-2150・AED-2100)に搭載されている成人・小児切り替えスイッチを切り替えるだけで、 小児~成人まで対応が可能になります。

モード切替の詳細

モード切替際には、音声ガイダンスとイラストで切り替えたことをAEDが伝えます。
成人に切り替えた場合には「成人モード」です。という音声案内とともに、画面イラストが成人男性の画に変わります。
小児に切り替えた場合には「小児モード」です。という音声案内とともに、画面イラストが小児男児の画に変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です